被保険者証について

被保険者証(保険証)は、毎年8月に更新されます。

※令和4年度に限り、令和4年10月に制度の改正があるため、保険証の更新が8月と10月の2回となります。

1回目(令和4年7月)は、有効期限が令和4年9月30日の桃色の証(見本とは違う色です。)をお送りし、

2回目(令和4年9月)に、有効期限が令和5年7月31日の水色の証(見本の色です。)をお送りします。

<表> <裏>

 

◆一部負担金の割合

医療機関を利用したときは、医療費の一部を患者(被保険者)本人が負担します。
一部負担金の割合は、一般が1割、現役並み所得者が3割となります。

令和4年10月1日から一定以上の所得のある方は2割負担となります。

 

〇一定以上の所得とは

同一世帯に課税所得が28万円以上145万円未満の被保険者いて下記の①又は②を満たす方です。

①同じ世帯に被保険者が1人で、年金収入+その他の合計所得金額が200万円以上

②同じ世帯に被保険者が複数で、被保険者全員の年金収入+その他の合計所得金額の合計が320万円以上

 

 

〇『現役並み所得者』とは・
同一世帯内に課税所得が145万円以上となる被保険者がいる方をさします。
ただし、同一世帯内の被保険者の収入の合計が以下の金額を超えない場合は、基準収入額適用申請※により1割又は2割負担となります。

①同じ世帯に被保険者が1人で、収入が383万円未満

②同じ世帯に被保険者が複数で収入の合計額が520万円未満

③同じ世帯に被保険者が1人で収入が383万円以上でも、70~74歳の方がいる場合は、その方の収入を合わせて520万円未満

※令和4年1月から、市町村で公簿等により収入額が確認できる場合は、申請が不要になりました。

なお、転入された方や他県の施設に入所している方等は、収入額を確認できないため、引続き申請が必要です。

基準収入額適用申請書-.doc

 

 

 

 


このページに関するお問い合わせ先は

業務課 資格担当 TEL:019-606-7501