後期高齢者健康診査事業(健診)について  糖尿病等の生活習慣病を早期に発見して、必要に応じて医療につなげていくため、これまで老人保健制度で実施していた「基本健康診査」と同様の健診が、お住まいの市町村で受診できます。

健診の変更点

 

健診のしくみ

 

実施主体

広域連合と市町村が共同で健診を実施します。
受診を希望される方は、お住まいの市町村で実施される健診を受診してください。

対象者

1.岩手県後期高齢者医療広域連合の被保険者が対象者となります。

※労働者については、職場が実施する「事業主健診」が優先します。
※40~74歳の方は、加入する医療保険者が実施する「特定健康診査」の対象者となります。

 

2.次のいずれかに該当する方は、健診の対象外となります。

  • (1) 妊産婦
  • (2) 刑事施設、労役場等の施設に拘禁されている方
  • (3) 国内に住所を有しない方
  • (4) 相当な期間継続して船舶内にいる方
  • (5) 病院又は診療所に6月以上継続して入院している方
  • (6) 障害者支援施設、のぞみの園の設置する施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護保険施設へ入所・入居している方
  • (7) 同一年度内に特定健康診査等を既に受診している方

 

3.糖尿病等の生活習慣病で既に医療機関を受診している方は、必ずしも健診を受診する必要はありません。

基本的な健診項目

▼質問票(服薬歴、喫煙歴等)
▼身体計測(身長、体重、BMI)
▼理学的検査(身体診察)
▼血圧測定
▼血液検査
・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
▼尿検査(尿糖、尿蛋白)
※市町村によっては、このほかに独自に健診項目が追加される場合があります。

 

一部負担金(自己負担)

受診される方には、原則として健診に要する費用の1割程度を負担していただきます。
ただし、お住まいの市町村によっては、この一部負担金を減免する場合があります。

 

受診するときの注意

  1. 健診は、原則として年度中に1回の受診となります。
  2. 市町村から受診券や質問票が届いた場合は、忘れずに健診会場に持参してください。また、本人確認のため、被保険者証の提示を求める場合があります。
  3. 健診の結果は、受診者本人に対して通知するとともに、広域連合や市町村において保存し、必要に応じ、被保険者や地域住民の健康の保持増進に活用しますので、ご了承の上、受診願います。

健診の日程、健診項目、一部負担金額等については
お住まいの市町村にご確認下さい。

健康づくりのしおり

健康づくりのしおり表紙(内容の画像にリンクしています)

しおり(PDF:1,608KB)

 

健康相談

健康に関するご相談は、お住まいの市町村の健康相談窓口をご利用ください。

 


このページに関するお問い合わせ先

総務課 総務担当 TEL:019-606-7500