限度額適用・標準負担額減額認定証について

 所得区分が「低所得者Ⅱ」、「低所得者Ⅰ」の方については、限度額適用・標準負担額減額認定申請により、医療費や入院時の食事代等が少ない負担で済みます。所得区分については「お医者さんにかかるとき」を参照してください。

<表> <裏>

 

 ・低所得者Ⅰ・Ⅱの方は、入院または高額な外来にかかる前に、市町村の担当窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受け、病院の窓口に保険証と一緒に提示してください。現役並み所得者、一般の所得区分の方は、保険証の提示のみで自己負担限度額までの支払いとなります。

 

◆自己負担限度額(月額)

 「高額療養費の自己負担限度額(月額)」を参照してください。  

 

◆入院時の食事代等

 「入院したときの食事代」を参照してください。


このページに関するお問い合わせ先

業務課 資格担当 TEL:019-606-7501