平成28年の台風第10号により一定要件の被害に遭われた被保険者の方を対象に、特例措置による一部負担金免除証明書を交付しています。この免除証明書を医療機関で提示いただきますと、窓口でお支払いいただく一部負担金が免除されます。

1 特例措置による免除証明書の有効期間について
    平成28年8月30日(火)から平成29年1月31日(火)まで

2 一部負担金を支払った後に特例措置による免除証明書の交付を受けた方について(還付申請)
一部負担金を支払った後に特例措置による免除証明書の交付を受けた方は、お住まいの市町村制度担当窓口で還付申請をしてください。

3 還付申請に必要なもの
(1) 被保険者証と免除証明書
(2) ご本人名義の金融機関の口座情報がわかるもの
(3) 一部負担金を支払ったことが分かる領収書
(4) ご本人の印鑑

4 還付申請の期限について
   平成29年2月28日(火)まで

5 その他
特例措置による免除要件に該当しない場合でも、従来の規定の要件に該当する場合は、一部負担金を減免することができます。詳しくは、お住まいの市町村制度担当窓口にお問い合わせください。

【問い合わせ先】
岩手県後期高齢者医療広域連合事務局業務課
電話:019-606-7501(資格保険料担当直通)