平成28・29年度の保険料率について

 後期高齢者医療制度の保険料は、国で定める算定基準に基づき、2年ごとに広域連合の条例で定めることとされています。

平成28・29年度の保険料率は、平成28年2月に開かれた広域連合議会において、次のとおり決定されました。

・保険料率は、岩手県内で均一です。

・年間保険料額の上限は、57万円です。

・被保険者及び世帯主の所得に応じて、保険料額が軽減されます。

 

保険料率算定の詳しい内容はこちら(クリックする)

 

保険料率の賦課・算定について

 保険料は、被保険者一人ひとりに納めていただきます。

保険料の額は、すべての被保険者に均等に賦課される「均等割額」と、所得に応じて決められる「所得割額」の合計額を納めていただくこととなります。

●保険料額=均等割額(38,000円)

所得割額([前年の総所得金額等-基礎控除額:33万円]×7.36%)

決定される保険料は、その年の4月1日から翌年3月31日までの金額です。

被保険者となった月から保険料がかかります。

 

保険料額の具体例はこちら(クリックする)

 

平成28年度保険料額の試算ができます。(クリックする)

 

保険料の軽減について

 後期高齢者医療制度の保険料については、様々な軽減制度があります。

軽減は、世帯の所得の状況等に応じてあらかじめ適用されますので、手続きの必要はありません。

 

軽減の詳しい内容はこちら(クリックする)

 

保険料の減免について

 被保険者(保険料を納める方)ご本人や世帯主が、災害や失業等による著しい所得の減少などの理由で保険料の納付が困難になったときは、申請により保険料が減免となる場合があります。

 

減免の詳しい内容はこちら(クリックする)

 

保険料の納付方法

 保険料は、お住まいの市町村に納めていただくことになります。

保険料の納め方は、年金の受給額によって、年金からの引き落とし(特別徴収)と納付書等による納付(普通徴収)の2通りに分かれます。

 

●公的年金からの引き落とし(特別徴収)

公的年金など(介護保険料の徴収対象となっている年金)の支給額が年額18万円以上の方は、原則として2か月ごとに支払われる年金から2か月分に相当する保険料が引き落とされます(年度途中で他の市町村から転入された方や、新たに後期高齢者医療制度に加入された方は、一定期間特別徴収となりません)。

 

納付方法の詳しい内容はこちら(クリックする)