岩手県後期高齢者医療広域連合は、保健事業実施計画(データヘルス計画)に基づき、被保険者を対象に、健康診査を始めとした保健事業を実施しています。
 広域連合では、健診の結果を活用し、次の事業を実施しています。
☆糖尿病性腎症重症化予防事業
 健診の結果から、糖尿病や糖尿病性腎症が疑われ、医療機関の受診につながっていない被保険者または治療を中断している被保険者に対し、適切な医療につながるよう受診勧奨を行い、糖尿病の悪化による『糖尿病性腎症』からの人工透析への移行を防止します。
☆低栄養改善訪問指導事業
 健診の結果から、低体重(BMI18.5以下)であり、低栄養状態にある被保険者に対し、戸別訪問による栄養指導等を行い、低栄養状態を改善し要介護状態への移行を防止します。

★お問合せは・・・岩手県後期高齢者医療広域連合 業務課 給付担当 019-606-7507